トップ  >  初夏に浮かされ  >  ぼくはあの四次元の夏虫

ぼくはあの四次元の夏虫

2013年06月03日

六月の風にふくんだ夏のシケリが
僕までとどいてその海に沈む
海面に輝く幾何学的なしぐさの光を
見上げている
ぷかる、ぷかる
海中に漂っている静かというか
音が偉大すぎて一部になってしまうというか
とにかくここちよくて
そのうちに瞼を閉じる
とおくから夏が手を伸ばすのが分かる
ぼくもその感覚の方へ手を伸ばす
そして確かにつながる

(空には入道雲が黙って育ち
蝉たちはほんとはとっくに成虫になっていて
ぼくたちが目覚めるまで息をひそめているんだ)

夏と手をつないだ僕の精神は
おおいなる海中の四方八方へアンテナを巡らせ
そう、そのままでいいと
ぼくはあの四次元の夏虫


関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク