トップ  >  空間の空想  >  フキア争奪戦記

フキア争奪戦記

2013年06月01日

僕がまだぎんまると遊んでいた頃
攻めてきたタクに酔いしれて反旗し
そして時代さえ変わった黄金期
蕗の葉陰で雨宿りしては次の作戦を練った

フキアはいつも微笑んでいる
なにもしないでじっと土山のてっぺんから
下を見下ろしている 不敵な笑みだ
僕とぎんまるがすきをついてフイ銀灯をとり返す

くそうと言いながら白旗あげた元隊長グルト
約束だとフイ銀灯を吹き始めた
まってましたと僕、ぎんまる、フキア
やっぱお前じゃなくちゃだめだよ
フキアが優しくグルトにいう
聴いてない振りのグルトはそれでも
心地よさそうに雨粒の太鼓の元
蕗の葉下で演奏を始めた

フキア争奪戦記
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク