トップ  >  地球の日々  >  地球の言い訳

地球の言い訳

2013年05月11日

誰も知らない 地球の訳を
盗み聞きした僕がいう
空が青いのは海の反射
海が濁れば空も濁るんだって
するとどういうことか
するとこういうことか
もしも僕が自分の悪を
悪と知って行った結果
振りかぶった罰に対して
なにも言えないと
あたりまえがあたりまえ
その催眠術が切れたとき
完全なんてないと
それを弱気にするのも
おかしいけれど

ぼくはそんな思想者でもない
いつもいろんなことを考えては
答えなど導き出せない不純者
答えって何だか
わからなくなって最後によろしく
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク