FC2ブログ

夏譚

夏風に酔い
ぬるい縁側で
うちわを振る
それで尚
したたる汗の
手やらタオルやらで
拭っても
さっぱり冷めやしない

夏風に酔い
仕方なく見上げた
月の冷たさよ
凍らせたグラスに
真似て丸型の氷塊放れど
またそうだ
ひと時過ぎれば
洪水の様に汗が滴り
枯渇した喉や集まる蚊虫やらに
眠れぬ夜を迎える

寝冷えして夏風邪に移り
さんざんな暑中休暇
けれど夏
されど夏

蟻の行く様をじっと
自由研究にと観察して
滴る汗に溺れた蟻を見ては
いつのまにか入道雲を見上げた


夏譚




ぎやまん風鈴 蒔絵仕上げ ひまわり(向日葵)(マリン) R-104 揺れるカットに絵が躍る ガラス風鈴/クリスタル風鈴/手作り/夏の風物詩/夏のインテリア

新品価格
¥1,995から
(2013/5/10 20:45時点)



関連記事

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ランキング参加中

↑詩が響いたときはぽちっと!お願いします!

RANKING

[現在地点]
小説・文学
322位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

12位
Access Ranking>>

スマートウォッチ

自己紹介

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
俯瞰的に観ている自分もいるのに
こいつばかだなって思っている自分もいるのに
体内に精密な四季時計でもしこまれたのか
すこしの夏の気配だけで僕は
一億の細胞を活性化させる特殊能力をもっているのです

そしてひとふれだけで、しかもそれは妄想の引き起こした夢うつつかもしれないのに
すっかりたのしくなってしまっているのです

春さえ越えてしまった

カテゴリ

リンク