銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

道程  

繊細だろうと無機質だろうと
読み手次第が詩ならぼくは途方に暮れ
それでもその道を探すことに
一生すらかけるかもしれない

ふとしたこと

このキーワードにいつまでも救われ
それは時に妥協、自己実現と
名前を変えてる

そして僕は今日も
瞼を閉じては明日の朝日を見ているのだ


感じたことが全てなら
ぼくもこうして規則正しく自分を信じ
いつまでも生きていこう


道程 (愛蔵版詩集シリーズ)

新品価格
¥2,940から
(2013/5/3 22:16時点)



関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/962-fa439be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top