トップ  >  穏霞の春  >  未だ僕の中で止まない桜吹雪

未だ僕の中で止まない桜吹雪

2013年04月18日

待ち遠しかったさくら
満開になれば周りを見渡し
せーのと云い合ったように
いっせいに散って

春はいつからいつまでだろうと
その散りゆく下で
考えていたのだけれど
まるでなにか薬の様な作用に
ぼくのあたまは余計働かなくなる


朽ちた花びらたちは
その生命力を一瞬にして失い
風に弄ばれ

行方など知らないのに
その方向をいつまでも見つめていた僕の
あたまのなか
花吹雪がいつまでも、いつまでも
止まなかったんだ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク