銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

未だ僕の中で止まない桜吹雪

待ち遠しかったさくら
満開になれば周りを見渡し
せーのと云い合ったように
いっせいに散って

春はいつからいつまでだろうと
その散りゆく下で
考えていたのだけれど
まるでなにか薬の様な作用に
ぼくのあたまは余計働かなくなる


朽ちた花びらたちは
その生命力を一瞬にして失い
風に弄ばれ

行方など知らないのに
その方向をいつまでも見つめていた僕の
あたまのなか
花吹雪がいつまでも、いつまでも
止まなかったんだ
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/949-3b5195e8

 | HOME | 

■ CM

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ブロとも申請フォーム

■ 訪問者の数

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ ブログ村

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1274位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

80位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前