トップ  >  心の整理の為の  >  そこから見えるもの

そこから見えるもの

2013年04月15日

果たして空の上の存在が
僕ら全てを完璧に網羅できるだろうか
そのうえ
その存在が人間なら

僕ら私欲と社会の狭間
いつもふと振り返っては危うく
失う事と平静の均衡を保つ
それを潜在意識的になど不可能

そんな不完全な瞳が
空から僕を見つめている
見つめたい所を見つめている
それに把握されてしまうなら
僕らなど意味のない無価値

僕らは僕らで僕らであり
そして個人であり
それぞれに同等の可能性を秘める
けっして予測などできないし
わからないことはたくさんあるんだ

今の全てが全てじゃない
それを肝に銘じてもそれてしまうことが人間
みんなその上を不安定に
歩いている事にさえ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク