銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

さくる  

季節に答えなんてないけど
咲こうとするさくらは
なにかぼくにうったえている

ぼくらはこうして生きてきた
なにかを感じたりかんじなかったり
そしていまという場所に
また古い足跡を残す

季節に答えなんてないけど
求めようとする本能に
ぼくらいつまでも
せつなさを知る
よろこびを知る


花吹雪
ぼくらどこまで
花びらになる、はるか
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/938-9462379d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top