銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

トンネルを抜ける  

誰も知らないことの真実を
知りたいなら僕らは夏のトンネルを抜ける
鍵は見つけた
鍵はぼくらだ
かぎりないぼくらの冒険譚

忘れてしまった合言葉
歩きだせばわかる
それを大人が振りかざして
恥ずかしいなら君はもうここへもどるな
ぼくらはいつも
ただ信じた道をゆくのだから

なつのかおりする?
蒸した草はらに何がある?
あの扉は見える?

ぼくら、ぼくら、ぼくら




関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/937-3951dfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top