銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

ATAMATOKOUDOU  

atamato
koudou

そう、指からさ
あたまははたらいていない
それがぼくの本当を示す
じぶんでじぶんがおもしろいなら
それを超したことなんてないさ

atamato
koudoutohananndaroukato
考える間もなく
ぼくは眠りについて仕舞うから

えばーえばー

ここは案外
心地よいんだよ

No

あたままだすこしはたらいているから
めざすたかみにはほどとおい
もっとかぜ、ふんいき、そのまま

そのまま
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/927-b4daff53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top