銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

失われている  

ぼくは季節の中に
もう少し依存したい
ぼくらはそこから生まれ
ぼくらはそこに辿りつく

緑におおわれて
吸った濃密な深呼吸と
ここにいていいのだという
それは万人の為の肯定

コンピューターから芽が生えたら
そっと便箋を買う
鉛筆を大事に使う
その一枚はひとつのメールと何が違う

にぶくなることに底のないことと
ぼくのあの自然との共存の日々の回顧
正しい正しくない

涼風に宿るのは森の奥の香り
誰しも感じたことのある香り
海辺にいればいつまでも
波の音はいつまでもいつまでも

ぼくは季節の中に
もう少し依存したい
にぶくなることに底のないこと
ぼくのあの自然との共存の日々の回顧
正しい正しくない

失われている
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/899-a37a8a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top