トップ  >  地球の日々  >  失われている

失われている

2013年03月07日

ぼくは季節の中に
もう少し依存したい
ぼくらはそこから生まれ
ぼくらはそこに辿りつく

緑におおわれて
吸った濃密な深呼吸と
ここにいていいのだという
それは万人の為の肯定

コンピューターから芽が生えたら
そっと便箋を買う
鉛筆を大事に使う
その一枚はひとつのメールと何が違う

にぶくなることに底のないことと
ぼくのあの自然との共存の日々の回顧
正しい正しくない

涼風に宿るのは森の奥の香り
誰しも感じたことのある香り
海辺にいればいつまでも
波の音はいつまでもいつまでも

ぼくは季節の中に
もう少し依存したい
にぶくなることに底のないこと
ぼくのあの自然との共存の日々の回顧
正しい正しくない

失われている
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク