銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

染まる  

時計の音と夕刻
すきま風が身に厳しい
今日はどこにいたの?
ずっとここさ、足裏に鋲がある

黄昏、黄昏、黄昏
でもなんとなくわかる
香りや雰囲気、手の平
そんなこと
手品でも何でもないさ

日が長くなった
けれど永遠じゃない
こうして今日も幕は閉じられた
けれども幕の向こうには明かり

夜、夜、夜
とくとくとくの湿った空調
カチ…カチと
秒針もだれ、鋲も緩んで染まる

染まる


関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/872-42f48168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top