銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

兆し  

カーテンを開けると
ヘタだけ残った柿の木が
小刻みに体を震わせている

霞の空は雪と同調して
ついでに僕の服も今日は
そんな感じで

けれど
時折雲の隙間から
差し込む日射しのぬくもりに
やっぱりぼくら綺麗に包まれて

わるくない、わるくない

柿の木も
そんな風な表情でもあるんだ。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/869-7d4bec05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top