銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

夏!

朝になると
もう 湿気を含んだ
大気のシャボンが
まとわりついて
ベッドから
飛び出したくなる衝動
一日の幕開け
とうに
蝉は鳴き出していて
貴重な時間だぞ
モッタイナイナイナイナイ
のナイナイゼミ
に聞こえる
起きた時から
とまらない汗は
心臓を早くに
フル稼働し
エアコン全開の車で
途中から
解放する窓
蝉が油を焚き
僕は汗が滝
そして今日はまだ
始まったばかりで

信号で止まれば
目の前にはでっかい入道雲
くっきりとした影、鼓動

どんな日常も
栄えて
生きてると感じて

僕らが季節の虫なら
夏虫で
じっと耐えて迎えた今
精一杯楽しもうじゃないか
本能の制御オフ

やりたいことのカウントダウン

夏だよ!


夏!!!!!
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/550-0f6909e8

 | HOME | 

■ CM

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ブロとも申請フォーム

■ 訪問者の数

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ ブログ村

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1253位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

70位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前