FC2ブログ

鈴虫や、人や

静かなといって鈴虫たちも
夜の流動性をしってとろみのついたところを
音さえ流す
しかしそれはけっして人間へ向けた
敬愛などではない
察したとおもったどこまでか
その勘の違えたところのさきで
奇跡、はあるだろうか

おもえばおもうほどこの夜に
とろみをつけ流動させる虫たちの奏でよ

我々とて
我々とて

そういった思い込みで土足で踏みいられ
種族か、色か、耳や目の大きさか
些細なことだとそれを歌にして
それも静かにさとそうと

聞こえなくもないのだか

我々はそうやって
長い長い年月を繰り返し

勘を違えたことでふと
真たる真実を得て

その端
暗き草むらの
下で、なく、か語るそれたちも
そんなこと思ってるのではないかなと
つきさえ見えないコンビニの駐車場で
思った主観である
関連記事
鹿田草太
Posted by鹿田草太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply