FC2ブログ

唐突に燃え

夏が唐突にはじまり支える両手の震えは心に
ぼくが僕と自覚しようにも感激がまた震わせて
ぼくは自覚がもてない
小虫の集る蝿捕り紙、その一匹でもいいと
そこまで思わせる
夏は怖く偉大で尊厳を思わせる


けれどぼくは
それを、全力で否定しなくちゃ
スタートラインに立てないんだ

だからスタンドバイミー
関連記事
鹿田草太
Posted by鹿田草太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply