FC2ブログ

等価交換

あの大きな木のいつも静かな葉たちの騒ぎ
空が黒なり雲たちも黒に染まりながら早く非難しなくちゃそう遠くへ
僕たちは一体どこににげればいいんだい
自然にさえかなわないあの、あの時

いつかの小さな芽が吹いて
きっと知らないうちに街に溶け込んでるから
どんなに目をこらそうとも
キミは君、変わるとはそういうこと

あの夏の嵐のような日々に今もいたいね
理不尽にも高鳴る鼓動はなにか別の真実を伝えたがっている
等価交換なんて言葉が勝手に出て
ぼくは笑うしかないんだ
いまのぼくは笑うしかないんだ
関連記事
鹿田草太
Posted by鹿田草太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply