FC2ブログ

夏助走、序章

輝く季節のいっぽ…手前で
順調に育った空にうんうん満足のぼくだ
朝早くにかぶってたパーカーも脱ぎ捨てて
半そでラン
愛用のくたくたの手ぬぐいさえキラキラと
薫風に栄えたのさ、そうさ

時々無性に高鳴る
夏が近づくと独特の鼓動はきっともう
周りの誰かに感っかれてる

あせをたくさんかきまくってふきまくって
走馬灯のように走れ
そしてそのひとつひとつをごっくん
あじわって飲み込め、そんな季節だ

あせをたくさんかきまくってふきまくって
ジェット機のように走れ
そしてことしのはてしない夏の大空に
僕たちの大空にせつなくしろい
それに利き手の指を食い込ませ、けずり潰し、痕を残せ
そうだ季節は、もうはじまってるのさ






関連記事
鹿田草太
Posted by鹿田草太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply