FC2ブログ

あること

すこしあるくときづく
みどりのうえにたった
かってに吸い込んだ、薫風はきだす
みどりいろがみえた、共感覚のさきに
ひかりはつめたかった、心地の良い井戸水
そこからながめていた、太陽の角度で直下、天使
(ぼくのみた天使は普通の人の背中、ただのひとみたいだった)
初夏の陰に引き込まれて
知らない朽ちた木材の家、日陰は苔生してる
見上げれば全景、光る初夏の新緑
そこにいるだけではほんとうのそこはわからない
ぼくたちは限りない一瞬にしか感動できない生き物だから
すぎれはそれは怠惰、惰性、もっと高みの太陽がみえない

朝露の葉一枚にふと目が止まる
季節の移ろいが分かる
ぼくがもし、まっしろな世界に数年遮断されて
懐かしく外界に出たとき、ぼくはそのときの季節を理解できるだろうが
春と秋の差を
空気で知ることができるだろうか

みどりいろがみえた、共感覚のさきに
ふといることができないとき

またそこにあれると



関連記事

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ランキング参加中

↑詩が響いたときはぽちっと!お願いします!

RANKING

[現在地点]
小説・文学
322位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

12位
Access Ranking>>

スマートウォッチ

自己紹介

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
俯瞰的に観ている自分もいるのに
こいつばかだなって思っている自分もいるのに
体内に精密な四季時計でもしこまれたのか
すこしの夏の気配だけで僕は
一億の細胞を活性化させる特殊能力をもっているのです

そしてひとふれだけで、しかもそれは妄想の引き起こした夢うつつかもしれないのに
すっかりたのしくなってしまっているのです

春さえ越えてしまった

カテゴリ

リンク