FC2ブログ

春胞子

風が気持ちよく落ちてくる空は
みあげているだけで春、そう
風の穏やかさ
はるにははるの、しずけさ
そうだった
そうだったね

きみはいっつもおぼえていてくれるのに
ぼくはいっつもわすれてしまっているよ

ゆっくりゆっくり染み込む
完全に生まれ変わっている
細胞
関連記事
鹿田草太
Posted by鹿田草太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply