FC2ブログ

肯定惰性36を迎える初春に小さな革新があった、(確信)

ぼくは、ぼくたちはと、ぼうとうにつづりながら

けっきょくそれはだれだとおもうとき

じぶんの、じぶんのちいささにいやになってしまうのだけれど

そのぼくたちが、はい、と、確かに。

肯定してくれたこともないことはなく

そんなかんどうをだきしめてつづるぼくの

ぼくなりのぼくのしきをわたるそうだいな詩に

いちど区切りを確信しながらもまいもどってしまった

どうしようもなさとともに

それにまさるあんしんかんと

そのうえにまさるあゆもうというさいだいの、なんというか

ポジティブがいつまでも

ここにいるとわきあがるから

ああと


ああと いちがつにきづいたぼくは

どれほどのしあわせものであるのだろうか

関連記事
鹿田草太
Posted by鹿田草太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply