トップ  >  銀河の夏Ⅵ  >  夏陰

夏陰

2017年07月11日

夏めいて青空なのに
裏路地に露店の縁日
屋根はカラフルだ輝くほど
中にはピエロ?まよいこんで

涼しい風が吹くと思ったら
シャボン玉の風車
白地に黄緑のメイク
ピエロがにんまり吹いている

閉じ込められて浮かび上がって
いつかの夏の夕暮れにつく
ぼくらしいこが地上に映って一瞬
それより高く浮かんでく

そして水平線
ウユニ塩湖のような天地無用の世界
そりゃぼくは沈むさ
ぶくぶくしずんでく
底なし沼の矛盾の底にしまいには落ちて
初夏めくいつものいすに座って
窓のそとちらっと見るだけ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク