銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏はやさしい  

暑い一日だったと今日を振り返って
鳴き声練習中の蝉の声も
一緒に思い出したらもっと
奥の景色の扉に触れた

懐かしいと思っていたモノが
いつのまにか心の奥底
鍵がかかったか捨ててしまったか
知らないうちに自分さえわからなくて

過去に触れては今の自分を肯定して
でもそんな出来事や
大切な人さえ声さえ思えだせなかったり

ああ、僕たちは時とともにわすれてしまうけど
感情だけは募るばかり

ああ、けれども夏は優しいな
ああ、それだけじゃかたづけられない募る
つのる

けれど、夏はやさしい


関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1638-1b3ec32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top