銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏はやさしい

暑い一日だったと今日を振り返って
鳴き声練習中の蝉の声も
一緒に思い出したらもっと
奥の景色の扉に触れた

懐かしいと思っていたモノが
いつのまにか心の奥底
鍵がかかったか捨ててしまったか
知らないうちに自分さえわからなくて

過去に触れては今の自分を肯定して
でもそんな出来事や
大切な人さえ声さえ思えだせなかったり

ああ、僕たちは時とともにわすれてしまうけど
感情だけは募るばかり

ああ、けれども夏は優しいな
ああ、それだけじゃかたづけられない募る
つのる

けれど、夏はやさしい


関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1638-1b3ec32a

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>