トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  神様の粒子が世界中

神様の粒子が世界中

2017年06月17日

全知全能不老不死 そんな雄一神がいました
全知全能の神は全てを知りつくし、どんな困った事でも瞬時に解決する事ができてしまう
スーパーパワーを身につけていました
空も飛べれば一瞬にして宇宙の果てまでワープもでき
宇宙規模からちいさなちいさなものまでなんでも一発で創造し破壊もできる
そして何何何光年と宇宙を見守っていました

いろいろなことがあったけれどぼくは未来さえ瞬時に理解できる
いくらさきまでだって、いくら後の事だって、過去だって変えられるし
生き物もどんな高度な知性の生き物だって作れるし…

でも死ねない…全てを知る事はなんてつらいことなんだ

神様はすると自分を細かく細かく分裂させ、無限に近い(神様だから出来るのです、我々には無限に近い、は理解できません)
あらゆる生物鉱物その他の物質になりました。
そして世界は進み、かみさまとかみさまがあたらしいかみさまをつくり
いつかそれは”人”といわれるものになり

神様は人、や花や、虫、や空気や…
それらになっているあいだだけ、その全知全能を力を薄める事ができました
しかしひとつの”物体”としての運命を遂げると一瞬にして神としての自覚が100%
目覚めてしまうのです

それでも神様は思いました
世界の全てが自分だとしても、物体になっている間だけは仲間ができ、未来を夢見る事ができ、そして悲しんだ後にほほえむことができる

そして神様、いやぼくたちはこうしている。
みんなもともとはただの神様なのに、自分自身を他人と自覚し人間関係を築き、ときにそのすばらしさに涙を流す事さえできる。

神様、そしてキミ、神様、そしてぼく、神様、そしてみんな

ずーっと

ずーっと
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク