トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  紅い蒸気

紅い蒸気

2017年06月17日

入道雲のきっかけに
ぼくのなにかは零れ落ち
静かな滝から轟音へと移った
そのなかで
ぼくは目を閉じようにも脳裏に焼きついた
その

その景色にはく

はく

肌は灼熱に焼け焦げかかる時雨が気化する
荒い息と浮き沈む肩その衝動は

どうしようもない天の天罰でも落ちれば良い
ぼくらは地に染みこんだ雨を必死に這いつくばってなめてやっと
不敵な笑みでなにもしない
天上人よ朽ちれと
心の音の轟音は響かず
空気にさえ振動するのに

はく
そんな事しかいえないぼくたちだから小さく
入道雲に隠れてすった霞に咳をして
痛んだ喉のいやな気持ちににたのは

ぼくだけどぼくだけじゃない
そして力んだ手の平の内から赤い蒸気
不条理を語る
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク