銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

渇き  

連日の暑さの中に取り残されて
ぼくはまだ夏の無邪気さにやられてる
虫の声はないが蛙は鳴いた
通過点にいると息は荒い とても荒いのだ

日差しに巻けた肌は平らな人工物につけると癒される
しずかな夢見心地とわすれされれた余韻
余韻、季節の余韻はいつもはかなくて
後から振り返ってやっとはじめと終わりがわかるものなんだって
天気予報でははっきりいってるけどさ
実感とは大いに差がある

そして遠雷 稲光 夜の雨に永遠のワイパー行進
ジグザグジグザグ ときどきいやな音を立てるのは
その中に渇きがあるから
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1620-f793bee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top