銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

風は  

街を歩けば5月の風が釣れる
えへへとわらって僕は巻かれてしまう
見上げれはすこしこくなった
水増しの空深呼吸は今日は
これだけでお腹いっぱい

街路樹もきらきらと
みどりが光をはじいてる
てをかざして遠くの街をみつめる
そしてそこへいきたくなると
後押しするような爽やかな風が
ひときわ強く吹いた
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1618-26027981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top