銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

瞼を閉じて空を見る  

僕らは空の言葉を話せない
そういう運命さと、僕はいう

カムパネラのような素敵なまなざし
そして少し、そこはかとなく
悲しい意味で空を見上げることもないから
たまに強く唇をかむだけしか
生きる意味感じられないね?

そんな話の中にぼくはたくさんの物語をしみこませて
また本に戻るんだ 本の世界はいい
自己完結であり、いつだってその客観的な視点には
幸せがついてくるから

目を閉じて想像する
カムパネラのみた星の奇跡は最高だよ
それ以上のものがあるものか
あるものか
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1613-312565a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top