トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  瞼を閉じて空を見る

瞼を閉じて空を見る

2017年04月30日

僕らは空の言葉を話せない
そういう運命さと、僕はいう

カムパネラのような素敵なまなざし
そして少し、そこはかとなく
悲しい意味で空を見上げることもないから
たまに強く唇をかむだけしか
生きる意味感じられないね?

そんな話の中にぼくはたくさんの物語をしみこませて
また本に戻るんだ 本の世界はいい
自己完結であり、いつだってその客観的な視点には
幸せがついてくるから

目を閉じて想像する
カムパネラのみた星の奇跡は最高だよ
それ以上のものがあるものか
あるものか
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク