銀河と四季の道標

Welcome to my blog

季節が薄くて呼吸してない

巻層雲の午後
ドアを開ければ暑さ滲む空気
おなかいっぱいのぼくは
そのまま昼寝さ

狭い部屋のなかじゃ
熱気さえこもる
一段と近づく夏に
恐怖すら覚えてる

桜前線今月上旬
延長線上に“おわり”が写って見えた

陽炎に逃げ水


だってつくしも見てないぜ
ふきのとうもみてないぜ
おおいぬのふぐりも
もんしろちょうだって

いったい全体
ぼくは(ぼくだけか?)
ぼくは(これが現実か?)
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。
About me
木や空やただ不変にある全てと本気で対話して仲良くなれたらぼくの不安は吹き飛ぶのです

あきめきたくないのにあきめき心さえ反応して、この頃…(17/10)

リンクフリーです。

→メールはこちらから←