桜に紛れても
散らすは言葉ばかり
花すら咲かない北向きの
空は青く、それだけ

風に乗った気分
背中押されて 初めて聴いた歌が
どこか懐かしいのに
分からない

そんな時代に生きている
時代のせいにする
ここから始まることを
春と、踏み込めない

コメント 0