銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

3月  

僕が夏をすきなのはなにかの裏返しかな
ふとおもったとき 三月下旬の雪
指震わす

考えたくないことを 考えないように
好きなことへの憧れと夏の奇跡の 麻薬浴びて

ジムに行くことが苦でなくなった理由も
筋肉の変化をうれしく想っていることも

何か大事なそして、どうしようもできない
ことの裏返し見ない振りしているのか

けれどそれに気づいた今に
正々堂々と前向きさとはいえない


どんなに考えてみても 冷たい風ふく
3月に晒される
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1602-01b3885e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top