トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  ただ、過ぎるけれど

ただ、過ぎるけれど

2017年03月25日

言葉にできないことは
はなさなくてもいいと その期限は
もう、遠に過ぎていて

それをしってからの
毎日の味気なさ 人とは億劫なものだと


言葉にしたあとの自信のなさに詰まる語尾
大切なものの確信のあとに
もっとたくさん必要になっていく

だから毎日をゆるまずに
本気で生きている人だけが


そんなことだらけで 僕の自信は
今日には落ちて 唯一の長所と呼べる立ち直りの速さで
また舞い上がって

近いのに遠かった人の背中、唇噛んで見つめては
流した血に


"生きている"を一番感じるのかもしれない
”生きよう”と思うのかもしれない
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク