トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  世界

世界

2017年02月27日

言葉ってやつは、静かに削る
何も知らないまま生きて行けやしないさ
通り過ぎた時の物ほど欲しくなる
けれどきっとそれは日々の物欲の結果の様に
手に入れた後にます、虚しさの波

話なんてほんとは、したくないのさ
語れば語るほどみじめに思えるとき吹く冬の風
もうすぐ春だよと今日みたいな一日穏やかな
日にこそ切なくなるね
あっという間のあを言った後むせび泣く
そんな余裕さえないんだ

語らう夜を365日昼間も夢うつつに暮らす
そんなことの惰性さえ必要な時も
来ないとは限らない

求めることは悪くないって今ならまだ少し自信も残るだろ
やりたいことやって
生きていけばいいだけなんだから
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク