銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

平穏に魔がさす  

言葉に甘みがさして 僕は少し
鼻歌を歌いたくなるのを頭を下げて制してみる
片手には 小さな四角い真っ白
だれにだそうかな? 遠くの人ってのはいいもんだな

なにげなさ

さりげなさにときどき さしてしまう嫌気に
つくづく自分が嫌いになってしまうよ しまう

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1558-38e474e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top