トップ  >  地球の日々  >  プレゼントボックス

プレゼントボックス

2016年11月19日

みんな晩秋にいる 秋の終わり冬のはじめ
もうすぐクリスマス
あの頃の気持ちなら なにも拒むものはなかった

次来る”新しい”があるのに
とっくにぼくはからっぽなのに(いつから?)
いつも期待の陰に不安が取り付く
そしてあるいは成長速度は 不安は光速を越して
あっというまに、眠っているまに 飲み込まれてしまうけれど

ぼくのきもちのプレゼントボックス空っぽで
満たされないまま カサカサ名前のないほこりがたつ

ぼくのきもち知らないふりしてなにもないように時は過ぎるから
自分で意識しなくちゃダメなんだけれど 
ダメなんだけれど


プレゼントボックス 自分じゃ埋められない
プレゼントボックス 誰かのなら埋められる

埋められるかな 埋められたらとりあえずだれかのハッピー
おこぼれで幸せになれそう


関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク