みんな晩秋にいる 秋の終わり冬のはじめ
もうすぐクリスマス
あの頃の気持ちなら なにも拒むものはなかった

次来る”新しい”があるのに
とっくにぼくはからっぽなのに(いつから?)
いつも期待の陰に不安が取り付く
そしてあるいは成長速度は 不安は光速を越して
あっというまに、眠っているまに 飲み込まれてしまうけれど

ぼくのきもちのプレゼントボックス空っぽで
満たされないまま カサカサ名前のないほこりがたつ

ぼくのきもち知らないふりしてなにもないように時は過ぎるから
自分で意識しなくちゃダメなんだけれど 
ダメなんだけれど


プレゼントボックス 自分じゃ埋められない
プレゼントボックス 誰かのなら埋められる

埋められるかな 埋められたらとりあえずだれかのハッピー
おこぼれで幸せになれそう


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1542-4a3f8d21