銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

風の子

赤い枯れ葉一枚大事にしてたな
綺麗な葉っぱに浮かれておどったな
からっ風に舞い上がる 
葉っぱたちも満更でないようで
見えない手足が見えて
聴こえない曲が聞こえて

それは確かに風の子どもだったころの記憶
関連記事

■ コメント

Re: こんにちは。

こんにちは。わざわざお返事ありがとうございます。
ありがたくリンクさせて頂きますね(^O^)

これからもよろしくお願いします!!

こんにちは。

景色が目に浮かんでくるような描写ですね。
素敵です。(*^_^*)

訪問&コメントありがとうございます。
相互リンクおねがいします。

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1541-19681cb8

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>