2016.11.14 3次元
静かに重なる陰と影
後ろに張り付く陰影はすこし、濡れていて
風邪をひく

ちいさな陽だまりに映ったあの幻は強くそのまま
地面に爪痕を残して、消えた

微かに薫るかおりにいつのまにか眠っていた事に気づく
知らない間に なにかがはじまり 何かが音も立てず

ゆれる気持ちの中そらを見る事を忘れ 井戸の中で見失う
道が僕らの定めというのなら

重なった影はぼくのみらいとかこだよ
そしてはじめて3次元に息をしてなきたいほどいたくてつらくてうれしい


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1534-7b45ef22