2016.11.11 たった
季節の境目 とおりこしたころに
ふと後ろ髪惹かれた後の寒さに鳥肌立った夜
夏に有る食べ残し もどれないから
そのままの腐食が静かにぼくの隠喩に住み着くよ
しらなければ、しらないままのきょうせい

線と線のあいだのでこぼこを触れ続ける時
ながれるメロディがぼくだってこと、きみだってこと
それだけはわすれちゃいけないから

線と線のあいだを深くふかくきりこんで
ながれる永遠のメロディ軽く口ずさんで、深く思ったこと

いきるというぎこちない行為を僕らはしてる
はじからはじまでえんぴつ、すってはしらせたくらい
せめてもと 生きる意味 穴あける勢い
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1531-3d72f134