銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  

詩なんてかけそうにもない
カメムシの侵入 親友と誤変換して
手がカタカタと震える 
ずっと見張っていたのに 隙をついてティシュにくるんで
外に出そうと思ったのに
頼むからこの部屋で冬眠だけはやめてください
やめてください

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1520-646df4c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top