トップ  >  四季の端・宇宙の片隅  >  太陽は自分

太陽は自分

2016年10月14日

結局つまづいてひとりだなんて そんなことはないと思う
ぼくらひとりひとりふかんぜんだから反対側焦がれる
そしてより不完全をいしきすると 四面楚歌、そんな気がするけれども
表現はどうあれ みんな同じなのさ
仲間を探してる

自我を表出することはマジシャンの種明かしだから
”なんだそんなこと”がとても怖すぎる
けれどみんなにたりよったりだよ 大差ない
完璧なんてないんだ だからもとめてしまう それだけ

ぼくらもとめているのは その共感
共感は或いは完璧より強く、もしくはその外側にある
最大の平穏であり、壊滅的な道標でもあり

けれどそれって結局は 自分の心次第なんだ
他人を変えることはできないけれど、自分は変わる事が出来る
そして自分が変った時 環境は少し傾いていた太陽の位置を正しい座標にもどしてくれる
自分にとってのね それでいて気付かないうちに少し高く位置しているんだ

自分が人を認めた時 すくわれる気持ちってないかい
多分全ての解はそこだと思う 結局自分が認めるか認めないかで
世界はがらりとかわるものなのさ

そしてもし、求めた正反対側に来てしまったなら
そっと踵を返せばいい、それだけのこと

だれだってそれだけはわかる
自分にとって居心地がいいか悪いか それだけ
感じる全てを信じよ、 今ならそう自信を持って言える
自分を疑うな
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク