トップ  >  心の整理の為の  >  詩の時

詩の時

2016年10月09日

心静かな詩は誰かが泣いたときつかおう
根拠のない空虚の外固めだけれど その最大限の意義は
工程なんだ

矛盾するかもしれないけれどけれどそれはある時
何も知らない誰かに響く それは完全なる主観の表現なのだけれど
どこか深くで、そう深層心理では”つながった”ことになるんじゃないかとおもう
これは実はかなり確信がある

なぜならぼくの場合 詩を書くときただただ指の脳に任せているからだ
うん。

無我の境地というわけではないけれど、最も単純化された層での表現だから
いわゆるもうそれは詩的な本能に近い。

だから心静かな詩は誰かが泣いたときつかおう


関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク