銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

秋の日に日に暮れゆく世界の
夕陽にとけた夏の果実はすっぱくて
思い出しただけで涙出るのは名残
そんな感傷ばかりに浸っていられないね

段々と雲は掃け それでももう西日に近い傾き加減
掻い潜った瞬間目と目があってノックアウト
秋の陽だってちゃんと眩しいんだ

そんなぼくらの暮れてく世界の
溶けだした抽象は今日はとりあえず耳だれ
僕の掻き過ぎた耳の耳だれとしてくれ
だっていいことあるとおもったんだ 痒くさえなれば

天辺は橙、中間黄緑、底辺まだ青く
関連記事

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1512-0c6c6427

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
1633位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

127位
Access Ranking>>