トップ  >  黄月の秋  >  

2016年10月08日

秋の日に日に暮れゆく世界の
夕陽にとけた夏の果実はすっぱくて
思い出しただけで涙出るのは名残
そんな感傷ばかりに浸っていられないね

段々と雲は掃け それでももう西日に近い傾き加減
掻い潜った瞬間目と目があってノックアウト
秋の陽だってちゃんと眩しいんだ

そんなぼくらの暮れてく世界の
溶けだした抽象は今日はとりあえず耳だれ
僕の掻き過ぎた耳の耳だれとしてくれ
だっていいことあるとおもったんだ 痒くさえなれば

天辺は橙、中間黄緑、底辺まだ青く
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク