銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

俯瞰全  

雨のドア開けるときついた錆び
わかっているさ歩いているうちの浸食
今日はそんな気分といっておこう
景色の移り変わりの変化
そんなものに気が付くかもしれないから
銅像のふりするパントマイムのように
俯瞰の域で心踊らすのだ

でも風は騙せない
いかに静かにしようと呼吸に出入りする
風には見たも同然
分子がぼくの鼻を静かにしずかに出入りするのだ
擽ったいにきまっている
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1503-dc94df85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top