2016.09.11 丘に風吹く
風まち丘さえ今は涼しくて
その意義をなくしているからだれも来ず
そして誰に知られるともなく紅葉し
しかしながら風は一年中、強弱つけつつ吹きさらす

見下ろす町並みと絶え間無い風に
夏の束の間ため息のようなその場所は
人々の足跡をのこしたまま
次の季節を待つのだが
それは、特別にその丘だけは意思があり
人々が好きなのだ
丘は、以前人として生きた過去があるのかもしれない

少し寂しい話だがもし、もしガイア空論の派生として
その丘の一つ一つにさえ精神があるというのなら
来世転生してみたくもある 人を超越した半永久の命で
…時々そんなことを思う(また、それに全く矛盾した心もなくはない)


そして欲を言えば麓、
町、と呼べる程度に
ほのかな人の賑わいさえ
在れば
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1498-4d1a08f1