トップ  >  銀河の夏Ⅴ  >  夏の王国

夏の王国

2016年08月20日

小さなカブトムシ 夏の暮れに見つけた
こっちのほうじゃタッペとよぶ
クワガタのメスが一匹 散歩の公園を横切った

昨夏なにか悪いことしましたか、神様
今年は一匹たりと 我が家の周りには現れませんでしたね

なんて声をかけてみると
いちどじっ、 ととまったのに
またスタスタと忙しそうに林の方へと歩いて行った
1、2年の命 僕と話すことは時間の無駄か

でもまってくれ そっちの方はまだ
 まだなつなのかな
だったら一緒に連れてってくれよ!

僕はそこだけは一番に本気で テレパシーをおくったのだけれども

夏の幕を引き連れて 夏虫は遠い遠い
夏の帝国に 永住しているんだ。


関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク