トップ  >  銀河の夏Ⅴ  >  残暑

残暑

2016年08月11日

夏のだるさは裏側にそよ風が吹いてる
重みの増したひと夏分の疲れに心地よく近寄る
するとふと、空を見上げたくなって
にじんだ夕焼けの光が山と重なるのをみて
なんともいえない気持ちになる

ツクツクボウシがなくころには
夏の折り返し地点は過ぎていて
まだ梅雨も過ぎたばかりだとおもうのはただ
楽しすぎただけなのだろうかと思う

西日は静かにさす 山の背は照らされ
山の顔は翳って見えない

ひとしきりきいた街音はいつもと変わらず
疲れた印象を残して道に凝る車音がひときわ
後はなんら変わらない日常が
ぼくたちといっしょに
とぼとぼと足跡をつけて過ぎてゆくのだ
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
 僕が今どこにいるかというととある町の漫画喫茶。しかも二日目の夜。
皆さんご存じいたずらが大好きな季節、冬の奴にやられちまったんですね、はい。
お手上げ。白旗ふりふり。

 だからビール頼んでからあげたのんでえだまめたのんで…。

かんぱいしちゃったから、あとはもう、惰性だ。

え、かんぱいちがいだって、え。わかんない。


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク