トップ  >  銀河の夏Ⅴ  >  黄色い花

黄色い花

2016年07月25日

まっしろいそれをおりこんで
力強く飛ばした紙飛行機は 太陽の中心めがけて
光の強さそのまま受けては この夏になった

力強く、鳴く蝉たちの声は
どこかでかいだ不思議な香りがして(人工的な、何かの)
そのはがゆさでぼくはへとへとになる
だってまだ 香っているから

それでも照りつく夏の光は奇跡さ
心の強さたもって 詩を全うできるんだから



たくさんの木の向こうに 奇跡的に突き抜けた
小さなすきまがあって
黄色い花が咲いている 

この景色は今夏最大の詩的にあふれているのがわかる
きっとこれ以上のシーンはもうこない!

ずっとみてる ずっとみてる!



関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク