銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏の光  

明けない梅雨のうた お昼にも暗い空
黒波漕ぐ舟に乗った憂鬱の神が振りまく悪事は
誰もとがめる事が出来ないのだ 神様

部屋の電気をつけて お昼の詩を創る
空歌心地よく歌えそうにもない淀みが瞼にへばり
何もするなと思考を停止させる 神様

それでも昨日より一つ 新しい行動を探して
海路航路は自ら見つけ出さなくちゃ 神様
そして神の裁きとあらば平身低頭 神様

部屋の隅の暗がりのうた お昼にも暗い部屋
その光に届かない境地が同じで見つめている
この暗闇から脱却するには とんでもない新しい

ヒカリ ヒカリ 夏の光
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1474-ad50f455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top