トップ  >  初夏2016  >  夏が始まる、今年は何回

夏が始まる、今年は何回

2016年07月03日

夕暮れの町歩く 道ずれは長いぼくの影
いったりきたりの日々で季節だけがずれていく
熱い駆け引き 抜け駆けした傷の痛み
忘れないでいつも押し込んだね
みんなの胸の中 いつも夏にうずくものがある、はず

まだ明るい夜の 変更線が夏の位置
デネブベガ アルタイル てっぺん 輝くよ

わすれもしない 輝いた日々のかけら
いつも夏にうずくものがある、ならいま走り出さなくちゃ!


今年は何回飲み交わすの だれとどんな会
今年は何回バーベキュやるの どんなあたらしい
今年は何人の新しい人に出会えるだろう

 そんなそんなそんなことが



うずく 駆け回る なつのはじまり
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

CM

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
ああ!僕はとうとうテントを立てて、(夢想ではなく本当に!)火を炊き星を見上げ…はできないけれどデイキャンプだから!たのしみだなぁ。直火OKなキャンプ場パチパチ音を立てて遊ぶ火の粉や本当の北風、秋の空なにをみてもうれしいし、何を食べても美味しいに違いない!


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

ブロとも申請フォーム

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!

2017/7 re

ネットショップ

軌跡

全ての記事を表示する

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク