銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

夏待ち惚けに雨  

夏時々雨
今年は綺麗にこのまま梅雨入りなのかなと
休日の窓はとてもしずかに水のおと
車の余韻がどこまでも響いて
キウイの葉が幾音もならすドラムで

夏時々雨
ぼくどきどきあめ
だって梅雨は夏への扉さ
濡れないようにただ前へ突き進めば
ひと足お先に夏の大地 

あのくらい厚雲の上ならジャンプ
それともひと山ふた山先というならダッシュ
それでいける

あのくらい厚雲の上ならジャンプ
それともひと山ふた山先というならダッシュ
それでいける

虹色の橋がかかればラッキー
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shikadasouta.blog.fc2.com/tb.php/1463-0ea34c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top